個人事業主が損害賠償請求をされた時

個人事業主(フリーランス)としてビジネスをしていると、いろいろなトラブルがあるものです。
そのなかでも影響が大きいのは、損害賠償請求です。
会社員であれば専門の部署が対応してくれるかもしれませんが、個人事業主は自分で対応しなければいけません。
ミスを自覚した時点で精神的なショックがありますし、いきなり裁判所から通知が届く場合もあります。
また、賠償金額が大きいと、運営資金にゆとりがなくなり、ビジネスの継続に問題が生じる可能性もあります。
裁判になってしまった場合、まずは弁護士や司法書士に相談するのが大切です。
この時点である程度のコストがかかりますが、最良の結果が出るように力を貸してくれます。

また裁判のような事態を避けるための対応策はあります。
それは取引先と仕事を始める前の契約書の締結に注意することです。
自分にとって不利になる項目(過度の責任を負わされるなど)がないか、場合によっては弁護士などに相談して意見をもらいましょう。
契約書の内容に配慮すれば、予想もしない損害賠償を請求される可能性は下げられます。

他にも、個人事業主向けに損害賠償対策の保険商品が用意されています。
保険料は補償内容によって変わりますが、念のため加入しておくのもひとつの手です。
トラブルを過度に恐れていてはビジネスはできませんので、誠実で正確な業務をするようにしつつ、いざというときに頼りにできる弁護士などを把握しておくのが日常的にできる対応策といえます。
まずは損害賠償請求をされた時、慌てず冷静に行動できるように◇◇参考サイト◇◇を閲覧してみてください。

Leave a Reply